ボウシンのお問い合わせ(一般の方)

>>業者の方はこちら

● 日本全国どこでも対応できます!

防震工法に興味を持った方、取り付けをご希望の方はお気軽にご相談ください。
新築であれば半日ほどでボウシン金物の取付が完了する、非常に簡単な施工です。リフォームの場合も内側の壁を撤去してBOSHINを取り付けて復旧するだけの工事です。
近隣の工務店さん、知り合いの大工さんに内壁の撤去と復旧の見積をだいしてもらい、防震金物を取り寄せて大工さんに取り付けて貰う方法が一番安価です。ご希望であれば当組合が出張施工いたします。

● 大工さんであればボウシン金物の取り付けは簡単にできます。

2×4工法ですと取付に制約が出てきますが、それ以外の工法でしたら、大工さんであれば、簡単に取り付けできる製品です。
お付き合いのある工務店さんや設計士さんに資料を送り、防震工法のマニュアルを送ることも出来ますし、お客様が家屋の図面のコピーを郵送、もしくはFAXしていただければ、取り付け位置の指定や設置目安をお知らせできます。

リーフレットさしあげます

ご希望の方にはボウシンの基本特性をまとめたリーフレットを郵送致します(送料無料)。連絡お待ちしています。

地震と建物についての基本知識をまとめました。
(p.2)
ボウシンの基本的な特徴をまとめました。
(p.3)

● 耐震住宅(新築)にも リフォーム(古い家)にも対応!

ボウシン金物は在来工法をはじめ、さまざまな工法の住宅でもボウシンの取付は可能です。(ツーバイフォー住宅は要相談)
新築であれば取付は1日ほどです。 工期や工程の邪魔をしません。
リフォームの場合は「引き抜き現象」に備える「補強金物」が必要となりますが、BL−3の補強金物以外の連結金物での代用が可能です。内側の壁を剥がして取り付けるだけなので大げさな工事にはなりません。
お客様の気持ち一つで“耐震+αを実現できます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

ボウシン設置の流れ


「2坪1基」が目安です

総2階30坪の住宅の場合、
BOSHIN16基が
基本設置数です。

BOSHIN設置個数の目安
(1)延べ床面積(1F+2F+3F)で考える場合 2坪1基 
(2)建築面積(1F坪数のみ)で考える場合 1坪1基 

通常、金物の設置は1階部分のみです。

3階建て住宅のように、1階部分の建坪が小さく、延べ床面積が大きくなる住宅の場合は、1F・2Fにボウシン金物を設置します。

 ボウシン販売総代理店
syu-riken
 修理補修建設企業組合
東京都(21産労商調定204号) *リフォーム瑕疵保険 対応*
TEL: 042-649-8245|関西支部: 0798−57−2936
FAX : 042-649-8242|関西支部:0798−57−2937

住所 : 〒 192-0046
   東京都八王子市明神町1-25-11 4F
Email : mail@syu-riken.jp  シューリケンにメールをする方は、ここをクリック

関西:〒 665-0063
   兵庫県宝塚市仁川高丸2−6−19
Email : kansai@syu-riken.jp シューリケン関西支部にメールをする方は、ここをクリック

この項目の目次

お気軽に問い合わせください。

お気軽にご連絡下さい

syu-riken
修理補修建設企業組合
東京都(21産労商調定204号)
建設業許可(般-26)第143038号
*リフォーム瑕疵保険 対応*

Tel: 電話番号
Fax: Fax番号

Mail: mail@syu-riken.jp

ピックアップ